アヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ「group A」
ヨーロッパ大陸横断ツアー支援プロジェクト

プロジェクト概要

アヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ「group A」
ヨーロッパ大陸横断ツアー支援プロジェクト

アヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ「group A」
ヨーロッパ大陸横断ツアー支援プロジェクト

このプロジェクトについて

初めまして、アーティストデュオ「group A」と申します。この度は私たちのヨーロッパ横断ツアーに関するご支援を募るべく、このプロジェクトを立ち上げさせていただきました。

「group A」とは、Tommi Tokyo(トミー・トーキョー)とSayaka Botanic(サヤカ・ボタニック)の2人からなるアヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオです。音楽とビジュアルアーツを融合させたライブパフォーマンスを信条に、2012年1月の結成以来、日本・アジア・ヨーロッパ含めて130回を超えるライブを行うほか、これまで2枚のアルバムと1枚のシングルをリリースしてきました。

現在、私たちは東京を拠点に活動をしています。
東京はニューヨーク、ロンドン、ベルリンと並び、ファッション・アート・音楽といったサブカルチャーの発信地として、世界中から観光客が訪れる国際都市です。このような恵まれた土地を拠点とした過去3年間の活動では、様々な国の方がライブへ足を運んでくださり、たくさんのご支持・ご声援をいただくことができました。また、インターネットなどのメディアを通じ、国外の方々ともコミュニケーションを重ねてきました。



そして今年5月には、プレツアーとしてドイツ・イタリアの2カ国3都市でライブを行いました。そのときの経験と確実な感触を踏まえ、今年9月末から1カ月以上かけてヨーロッパ全土をめぐる大陸横断ツアーを敢行する運びとなりました。今回は、現在制作中の3rdアルバムをひっさげてのリリースツアーとなります。

現在、イギリス・ドイツ・フランス・デンマーク・ベルギー・オランダ・スウェーデンの7カ国でのライブ出演が決定しています。オランダのデン・ハーグで開催される「Todays Art Festival」や、フランス・マルセイユで開催される「Riam Festival」のような、日本ではまだ少ない複合アートフェスティバルへの参加は、今後のgroup Aの活動に様々な可能性を与えてくれるチャンスだと考えています。

アヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ「group A」
ヨーロッパ大陸横断ツアー支援プロジェクト

Pier met Reuzenradというフェス会場の写真

【Todays Art Festival】
オランダ/デン・ハーグ
メディアアートやデジタル音楽分野を中心とした複合アートフェスティバル。世界25カ国から300名以上のアーティストが参加。分野がヴィジュアルアート、デザイン、建築、先端技術など幅広いのが特徴。2014年より日本国内でも開催。
http://todaysart.org/

また、アンダーグラウンドカルチャー出身のgroup Aにとって、ヨーロッパ諸国の小規模なアンダーグラウンドパーティーへの参加もとても重要だと考えています。今回出演が決まっているベルギー・アントワープの「Waveteef」と、ドイツ・ベルリンの「Sabbat」は、いずれも5月のプレツアーの時に現地で出会ったDJやアーティストが開催するパーティーで、一度現地に行くだけで、このように交流の場がどんどん広がっていくのをまさに実感しています。


【Sabbat】
ドイツ/ベルリン
ミニマル・シンセやコールド・ウェイブなどをリリースするギリシャの最重要レーベル「Fabrika Records」の所属アーティストであるクィアー・EBMの代表格、Petra Flurrの主催によるクィアー・インダストリアルテクノ・パワーノイズ系パーティー。音楽やパフォーマンスはエクスペリメンタル寄りで、その独創的な世界観から、この手のジャンルのシーンでは最高の盛り上がりを見せるパーティー。
https://www.facebook.com/pages/Sabbat-Berlin/890775934295776

>海外エージェンシー【Simon Wojan/DISK Agency】よりヒトコト

アヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ「group A」
ヨーロッパ大陸横断ツアー支援プロジェクト


With their very own blend of proto industrial music, stunning visuals and performance art, Tommi Tokyo and Sayaka Botanic, also known as group A, are offering a unique take on early electronic music pioneers such as Throbbing Gristle or Cabaret Voltaire.
Condensing said influences and presenting them in a performance designed to challenge
the social norms of body politics and physical representations of the feminine in public spaces,the duo has managed to evolve into a beast of its own. A beast much needed in an industry dominated by male narratives of pop culture.
The extraordinary success of a few selected debut shows in Europe earlier this year,
followed by performance requests from several festivals and promoters across the continent, leave no doubt, that a successful European Tour of Tokyo`s very own group A is inevitable!

Tommi Tokyo(トミー・トーキョー)とSayaka Botanic(サヤカ・ボタニック)、またの名をgroup A、彼女たちはインダストリル・ミュージックに、美しいビジュアルやパフォーマンスアートといった要素を独自に融合させ、初期エレクトロニックミュージックのパイオニアであるイギリスのThrobbing Gristle(スロビング・グリッスル)やCabaret Voltaire(キャバレー・ヴォルテール)といったメンツを独創的に現代に表現している。
長い間、男性に支配されてきたポップカルチャーの中で、彼女たちは社会に対していかにも挑発的な、公共の場での肉体的なパフォーマンスという形で、この2組のパイオニアをまるで見事に表現し、自分たちのキャラクターとして取り込んでしまった。
今年5月に行ったヨーロッパでのプレツアーの異常な盛況ぶりによって、ヨーロッパ中のプロモーターやフェスティバルの注目を集めた彼女たちの今回のフルヨーロッパツアーが大成功することは言うまでもない!
http://www.disk-agency.de/about/

アヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ「group A」
ヨーロッパ大陸横断ツアー支援プロジェクト

サポーターのみなさまへ

私たちはそれぞれ小さな違いこそあれ、ドイツやイギリス、フランスなどヨーロッパ諸国から生まれた音楽を特に好んで聴き、あさり、様々な形で影響を受けてきました。あのレコードがこの世になかったら、あのバンドがいなかったら……今とはまったく違う人生を歩んでいたかもしれません。音楽だけでなく、そのジャンルや時代を取り巻くアート・デザイン・ファッションなどの様々なサブカルチャーの要素も一緒に、前に突き進んでいく起爆剤として、そして何よりも優れた栄養源として、吸収してきました。

人生を左右するほど自分たちに影響を与えた作品が生まれてきたヨーロッパという地で、自分たちが日本で積み重ねてきた成果を評価してもらいたい──。そして、現地の今のシーンを生で体験し、現地のアーティストと交流し、たくさんの刺激を受けたい。今回のヨーロッパ横断ツアーが、今後のgroup Aとしての活動を大きく左右していくことは確かです。

ただし、このツアーには多大な費用がかかります。渡航費、滞在費、レンタル機材代……など、かかる経費を計算すると、ギャランティやグッズ販売ではとても賄えないというのが正直なところです。みなさまからご支援をいただくことができれば、よりたくさんの国で、よりたくさんのステージを踏むことが可能になります。


アヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ「group A」
ヨーロッパ大陸横断ツアー支援プロジェクト


世界中の音楽やアートは、今どんどん身近な存在になってきています。作品をインターネット上で発表して国外の評価を受けるのはもちろん、ファンとの密な交流や作品の売買など、インターネットにしかできない利点はたくさんあります。しかし、実際に国外に行くということは、それとはまた違うとても大きな意味があります。
group Aの活動の中軸となるライブ活動は、場所と時間と空間、そして、そこに居合わせた人々、全てが揃って始めて完成します。ですから、出来上がる作品は毎回全く違ったものになるのです。映像や写真や音源で伝えられるのは、そのうちのほんの一部に過ぎないし、ライブをその時空から切り取った時点で、それはまた別の作品になるので、映像等でライブを見る、または見た感覚に浸ることと、実際に生で見ることは、全く別の体験なのです。様々なメディアと技術の発展により、昨今では生でなにかを見る・体験するといった機会が昔に比べて減っています。だからこそ、生で感じること・伝えることを大事にしたいのです。

アヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ「group A」
ヨーロッパ大陸横断ツアー支援プロジェクト


また、国内を拠点に活動するアーティストの海外進出は、国内のシーンにも影響を与えます。group Aのヨーロッパでの今後の活動が、東京の音楽シーンが今よりももっと豊かで面白いものになるきっかけになったら嬉しいです。
みなさまのご支援をよろしくお願いします。

アヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ「group A」
ヨーロッパ大陸横断ツアー支援プロジェクト


プロジェクト応援団よりヒトコト

  • アヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ「group A」
ヨーロッパ大陸横断ツアー支援プロジェクト  

    音楽家 嶺川貴子さん

    groupAのことを知った時、半身裸の上に白いペイントを施して ベトナム笠のスタイル、赤いリップ、なんてカッコイイ人たち!と思いました。
    エレクトロニクスを演奏しながら絶叫するTommiとバイオリンのSayaka Botanic、太く響く機械音とバイオリンの組み合わせは、彼女達が演奏すると 妖艶な迷宮に入り込んでいるようで聴いていると大層phychな気分になります。
    彼女達の毎回のアートもパフォーマンスもとても楽しみなのです。
    いろいろつながってライブで共演させていただいたり、彼女達の企画PROJECT Aに呼んでいただいたり。私はgroupAの筋が通っているスピリットが大好き、TommiさんとSayakaさんの笑顔はとても可愛いしチャーミングだし!
    そんな二人のヨーロッパ大陸横断ツアー、絶対行ってほしいので、私は応援します。いってらっしゃい!

  • アヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ「group A」
ヨーロッパ大陸横断ツアー支援プロジェクト  

    写真家 Monika Mogiさん

    Sayaka and Tommi are both empowering women that I look upto. The way they use their bodies to express and experimenting with various sounds feels out of this world
    サヤカととトミーはどちらも私が尊敬している、女性を勇気づける人たち。
    彼女たちの身体での表現や様々な音での実験は、想像を超えている。

  • アヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ「group A」
ヨーロッパ大陸横断ツアー支援プロジェクト  

    UKバンド・THE HORRORSのTom Furseさん

    I like group A because it s uncompromising electronic punk, sonically rich and full of insistent rhythms. In many ways they are much truer to the sound and attitudes of the genre too, engaging in performance aspects often ignored by modern groups.
    僕がgroup Aを好きな理由は、彼女たちのその豊かな音質とその中で固執するリズム、とにかく妥協のないエレクトロパンクであるということ。現代ではあまり重要視されなくなったパフォーマンスという要素も彼女たちなりにきちんと取り入れていて、色々な意味で、彼女たちは音やアティチュードによほど素直だと言えるよ。

group A(グループ・エー)プロフィール

トラックメイキング・シンセサイザー・ボーカル担当のTommi Tokyo(トミー・トーキョー)と、ヴァイオリンとカセットテープを使用したサウンドコラージュ担当のSayaka Botanic(サヤカ・ボタニック)からなるアヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ。

留学先のロンドンで出会い、2012年1月に結成。初期衝動がそのまま音に現れたようなシンセのノイズ、そこに加わるインダストリアル金属系爆音ヴァイオリンとねじが飛んだかのような叫び声は、ライブの途中に半裸で行われるボディーペインティングによって視覚情報へと変化し、その刺激によってさらに加速した音の混沌が最終的にノイズの波へと変化していく独自のライブパフォーマンスにより、結成当初より勢力的にライブ活動を行う。

アヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ「group A」
ヨーロッパ大陸横断ツアー支援プロジェクト

2012年10月に1stアルバム『A』をリリース、「NYLON JAPAN」や「vice magazine」で取り上げられ話題に。2011年には宗教や儀式といった人間の精神と深く関わる神秘的な事物をテーマとした2ndアルバム『INITIATION』をリリースし、東名阪ツアーを敢行。同年5月には初の海外公演を台湾の「Urban Nomad Film Festival」にて行う。
6月には「六本木アートナイト」に参加、翌年には「Tokyo Art Book Fair 2014」でヘッドライナーを務めるなど、アート色の強いイベントにも多数参加。
最近ではVJとのコラボレーションによって、プロジェクターの視覚効果を利用したライブ活動を行う。2014年10月よりVJ rokapenisとの音と映像の実験プロジェクト「PROJECT A」を西麻布Super Deluxeにて開始、会場中に配置された無数のプロジェクターと仕掛けにより、映像と音の新たなパフォーマンスの可能性に挑戦中。 2015年始めにはUKロックバンド「THE HORRORS」のTom Furseによるremixシングルをリリース。5月には初のヨーロッパ公演を、ドイツの「Gothic Pogo Festival X」を含む3カ所にて成功させ、アンコールツアーとなるヨーロッパ大陸横断ツアーを9月に控える。

Official website : http://groupaband.com/
Facebook : https://www.facebook.com/me.groupA
Bandcamp : http://groupa.bandcamp.com/
Soundcloud : https://soundcloud.com/group_a
tumblr : http://groupa-band.tumblr.com/

ミュージック

Project
by group A (グループ・エー)
  • 参加

    28口

  • 参加金額

    ¥158,000

    23%

    目標金額:¥700,000

  • 残り日数

    終了

購入済 2口

¥1,000

お礼メール&限定公開ツアーブログへご招待

・お礼状(メール)
・限定公開ツアーブログへご招待(ツアー状況報告とその地の最新の音楽・クラブ・アートなどのシーン、過去にgroup Aに与えた影響などを紹介)

終了

購入済 4口

¥3,000

group A オリジナルトートバッグ セット

・お礼状(メール)
・限定公開ツアーブログへご招待(ツアー状況報告とその地の最新の音楽・クラブ・アートなどのシーン、過去にgroup Aに与えた影響などを紹介)
・group A オリジナルトートバッグ(2015年11月発送予定)

終了

購入済 11口

¥5,000

サイン入り 3rdアルバム セット

・お礼状(メール)
・限定公開ツアーブログへご招待(ツアー状況報告とその地の最新の音楽・クラブ・アートなどのシーン、過去にgroup Aに与えた影響などを紹介)
・group A オリジナルトートバッグ(2015年11月発送予定)
・3rdアルバム(サイン入り、国内発売の2〜3週間前にお届け・2015年11月発送予定)

終了

購入済 7口

¥7,000

group A Tシャツ&サイン入り 3rdアルバム セット

・お礼状(メール)
・限定公開ツアーブログへご招待(ツアー状況報告とその地の最新の音楽・クラブ・アートなどのシーン、過去にgroup Aに与えた影響などを紹介)
・3rd album(サイン入り、国内発売の2〜3週間前にお届け・2015年11月発送予定)
・group A Tシャツ(2015年11月発送予定)

終了

購入済 4口

¥10,000

3rdアルバムのビジュアルフォトブック&3rdアルバム セット

・お礼状(メール)
・限定公開ツアーブログへご招待(ツアー状況報告とその地の最新の音楽・クラブ・アートなどのシーン、過去にgroup Aに与えた影響などを紹介)
・3rd album(サイン入り、国内発売の2〜3週間前にお届け・11月発送予定)
・3rdアルバムのビジュアルフォトブック(2016年1月発送予定)

終了

購入済 0口

¥30,000

group Aが出演する国内ライブの1年間フリーパス券

・group Aが出演する国内ライブの1年間フリーパス券

終了

購入済 0口

¥50,000

group Aの世界観がつまったボックスセット(完全非売品)

・限定数10
・group Aの世界観がつまったボックスセット(過去の全リリース作品(1st/2nd/3rd album/remix single/merch数点を含む)(完全非売品・2016年1月発送予定)

終了

購入済 0口

¥100,000

今回のツアーで実際に着用するハット1つ(完全非売品)

・限定数2
・今回のツアーで実際に着用するハット1つ(完全非売品・2015年11月発送予定)

終了

※画像は全てイメージです

ページトップヘ